COLUMN 記事一覧

  1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 記事一覧

時事問題

新型コロナウイルスによる資金不足の場合の無利子・無担保融資 ~特別利子補給制度~

資金繰りが回らなくて銀行などから融資を受けようとされている方、

ちょっと待って下さい!!!

今なら、日本政策金融公庫等から実質的な無担保かつ無利子での融資を受けることができるかもしれません。

 

1 本当に無利子で借りられるの?

まず、もっとも気になる「実質無利子」の仕組みを解説します。

日本政策金融公庫や商工中金等で融資を受けた方の一部は、融資を受けた後、利息を一度支払う必要がありますが、後日、政府から利息部分について返金を受けることができる制度の適用を受けることができます。この特別利子補給制度こそが、「実質無利子」と呼ばれているものです。

したがって、以下の一定の条件をみたす事業者は、当初3年間分について本当に無利子で融資を受けることができます

 

2 どのような人が無利子で融資を受けられるの?

無利子で融資を受けられる条件は、事業者の事業内容によって変わります。

  小規模事業者※ 中小企業者
個人 ①要件なし(ただし特別貸付の対象要件である5%減少は満たす必要があります。) ③売上高▲20%減少
法人 ②売上高▲15%減少
  • ①及び②の「小規模」にあたる要件

・製造業、建設業、運輸業、その他業種は従業員20名以下

・卸売業、小売業、サービス業は従業員5名以下

なお、従業員の数については、常時使用する従業員(労働基準法上における「予め解雇予告を必要とする者」)の数でカウントしなければなりません。

  • 売上高の減少の計算方法

売上高要件の比較は、貸付で確認する最近1ヵ月に加え、その後2ヵ月も含めた3ヵ月間のうちのいずれかの1ヵ月で比較します。

 

3 何円融資を受けられるの?

受けられる融資の金額は、どの融資制度を利用するかによって変わります。

各制度の解説は次の項目で行いますが、まずは、借りられる金額を一覧で示します。

〈日本政策金融公庫〉政府100%出資の政策金融機関で、誰でも利用できる

中小事業・・・1億円

国民事業・・・3000万円

※中小事業と国民事業の区別については、以下のリンクを参照

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/pdf/chusho_chouki.pdf

〈商工中金〉株主である中小企業の組合と、その組合員が融資の対象

危機対応融資・・・1億円

 

4 どこで無利子の融資を受けられるの?

要件をみたしている方は、是非とも融資を受けたくなったと思います。

では、どこで無利子の融資を受けられるのでしょうか。

令和2年5月6日現在、日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」または商工中金の「危機対応融資」の制度を利用して借り入れを行った人が対象になっています。借り入れのためには、上記特別利子補給制度の要件に加えて、各機関が定める融資の要件を合わせてクリアする必要があります。

なお、令和2年1月29日以降に借り入れを行った方は、要件を満たす場合には特別利子補給制度の遡及適用を受けることができます。

 

どちらの機関を利用する場合でも、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的な業況悪化を来している方であって、売上高が▲5%減少していて、かつ中長期的に業況が回復し、発展することが見込まれる方が対象です。

  • 売上高の減少の計算方法
    • 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している方。
    • 業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合等は、最近1ヵ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している方

(1)過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。)の平均売上高

(2)令和元年12月の売上高

(3)令和元年10月から12月の平均売上高

 

注意!

・特別利子補給制度の要件とは、売上高の減少の計算方法が異なっています。

・小規模の個人事業主について、特別利子補給制度では要件がありませんが、新型コロナウイルス感染症特別貸付を受けるためには、売上高の5%減少の要件をみたす必要があります。

 

5 さいごに

政府が、借金の利子を3年間分も肩代わりしてくれる特別利子補給制度は、今後事業を継続していくために非常に力になるものです。中小事業者に該当しない方でも3000万円を無利子で融資を受けられるため、利用する価値はあるのではないでしょうか。

具体的に利子補給を行う実施機関及び具体的な申請方法等は、令和2年5月6日時点では未定です。もっとも、令和2年1月29日以降に借り入れを行った方は、要件を満たす場合には特別利子補給制度の遡及適用を受けられることが決まっているので、まずは、日本政策金融公庫等で「新型コロナウイルス感染症特別貸付」を受けられるかをご検討されるとよいでしょう。

 

経済産業省中小企業庁「無利子・無担保融資(特別利子補給制度)」

https://seido-navi.mirasapo-plus.go.jp/supports/150

日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症特別貸付」

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/covid_19_m.html

商工中金「新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小企業の皆さまへ」

https://www.shokochukin.co.jp/disaster/pdf/corona_brochure.pdf

経済産業省「政府系金融機関の融資をご検討されている方へ相談窓口に寄せられたよくある質問」

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/faq2.pdf

BUSINESS & LEGAL SUPPORT
FOR SPORTS

スポーツビジネスをさらなる発展に導く「プロフェッショナル」

東京五輪を間近に控え、国内においてもスポーツビジネスが注目を集めています。
華やかに見える現場の裏側では、様々な問題や課題と戦っている人たちがいます。
私たち一般社団法人BLeSSは、弁護士、公認会計士が、
専門知識・経験を生かしてスポーツ業界を支援したいという思いのもと、組織されました。
「スポーツの力で豊かな社会を実現する」
そのために我々は走り続けます。